パーソノロジー

パーソノロジー(人相科学)とは

人相科学(パーソノロジー)の起源は古代中国・古代エジプト人の研究から始まり、その業績をソクラテスとその弟子である、プラトンとアリストテレスに受け継がれました。
人相科学はローマ古典時代、ルネッサンス時代にさらなる発展をしていき、18世紀〜19世紀に掛けて骨相学と結びつき爆発的な人気を誇りました。

20世紀にアメリカに渡り、裁判所の治安判事であったエドワード・ジョーンズにより数千人もの犯罪者と、その顔に共通の特徴があることに気が付き、被告人の顔と、犯罪内容をが、顔を見ただけでほぼ正確に推測できるようになっていました。

その後、人相学が最先端の脳科学や統計学と組み合わせることで、学問として確立していきました。エドワード・ジョーンズはパーソノロジスト(人相科学者)のチームを結成して、1951〜1955年にかけて、1050人の大人を対象にして追跡調査し、ほぼ100%正しい法則を68項目見つけたのです。

その調査は、その後も続けられており、今日までに20000人以上に追跡調査を行い、85%以上の精度で正しいと分かっているものも150項目以上発見されています。これが、パーソノロジー(人相科学)です。

人相科学の一例

黒目の占有率の違いと特性

「目は心の窓」と言いますから、目が心の状態に関連していると予測できることについては、ご理解頂けるかと思います。

赤ちゃんの目と、大人の目をイメージしてみて下さい。
大人になった私たちは、心がどのように変化してるでしょうか?
赤ちゃんは、感情表現が豊かです。対して成人男性は、感情を最大限に抑えて、仕事をきちっとこなしていきます。

ここから、「黒目の占有率」は、「感情表現の度合い」と関連がある可能性が高いと考えていきます。
成人男性のように黒目の小さい人たちは、感情表現をして嫌な体験をしてきたので、感情を表現しないように目の筋肉を収縮させ、黒目を少しずつ小さくしてきたのです。
よって、感情表現が必要な場面では、ストレスを感じて、感情をコントロールするのが当たり前になります。

このようにして、パーソノロジスト(人相科学者)は、人の「黒目の大きさ」を見ただけで、その人の「感情表現の度合い」とその長所や短所を的確に見抜きます。そして、その人に応じたアドバイスを行うのです。

お申込み・お問い合わせはこちら

パーソノロジー体験

スケジュール

ミニワーク
Coming Soon

BT100〜2500

スケジュール

基礎トレーニングコース
Coming Soon

TT25〜TT2500

スケジュール

ベーシック指導者養成コース
Coming Soon



mousikomi.jpgtoiawase.jpg